薬を服用させる

寝転がる猫

犬がかかってしまうフィラリアは犬にとっては脅威である感染症のひとつです。
フィラリアは犬の心臓や肺動脈にフィラリアの成虫が寄生することで発症する病気であり、咳や食欲の無さなどがその症状として挙げることができます。
フィラリアは重病化した場合、死亡に至ってしまうことがあります。
愛犬を亡くしてしまうのはもちろんのこと、苦しんでいる姿も見たくはないでしょう。
フィラリアはキウォフハートなどの予防薬を服用させることによって予防させることができます。
キウォフハートはフィラリアの予防薬として有名であり、フィラリアの幼虫が成虫になるのを防ぐ効果があります。
キウォフハートは月1回の服用させることでフィラリアから愛犬を守ることができます。
しかし、月1回の服用を一度でも忘れてしまうと予防の効果は無くなってしまいます。
なので月1回の服用は絶対に忘れないようにしましょう。

キウォフハートなどの予防薬を与える際にペットである犬が薬を嫌がることが多々あります。
キウォフハートなどの予防薬はエサに混ぜて与えることが多いですがデリケートである犬はすぐに薬の存在に気づいてしまいます。
普段のエサに混ぜてしまった場合、普段食べているエサも食べなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
キウォフハートなどの薬を与える際にはチーズやパンなどに薬を包んで与える方法が効果的であると言われています。
また、直接与える際には無理をせず、きちんと服用してくれた場合にはしっかりと愛犬を褒めてあげましょう。